おうちごはん『一蘭ラーメン』を食べてみました

先日、何気なく見ていたテレビ。
「教えてもらう前と後」(TBS 毎週火曜 20:00~20:54)でのラーメン企画で『一蘭のラーメン』お土産用が紹介されていました。

一蘭と言えばカウンターに仕切りを設けたあの独特なスタイルが有名ですよね。
「味覚集中カウンター」というらしいです。
今ならばソーシャルディスタンス。
声を出さずとも注文やおかわりができるところなど、まさにこの時代に最適ですよね。

その『一蘭のラーメン』お土産用を食べて、メインコメンテーターの博多華丸大吉さん・滝川クリステルさん・他出演者の皆さんが美味しいと絶賛されていました。

ラーメン大好きな私。
もし、「最後の晩餐に何を選ぶ?」と質問されれば、「ラーメン!」と即答しちゃう程ラーメンが好き。
そうかと言ってあちこちの有名店のラーメンを食べ歩いたわけではないのですが、ふと食べたくなると言えばやっぱりラーメン。
ふと…じゃなくても、お腹がいっぱいの時でも、テレビで美味しそうにラーメンが紹介されてたりすると、別腹が騒ぎ出したように食べたくなってしまうのです。

そんなテレビを見た数日後、近所のドンキへ買い物に行った息子と旦那さん。

『一蘭ラーメン』お土産用を見つけて買ってきてくれました。

一蘭ラーメン お土産用

ラーメンの写真

お土産一蘭 ネットからでも購入可

一蘭ラーメン 博多細麺ストレート 一蘭特製赤い秘伝の粉付(5食入): おみやげ一蘭│おみやげ一蘭 公式通販
一蘭ラーメン 博多細麺ストレート 一蘭特製赤い秘伝の粉付(5食入)

早速食べてみました。

箱の裏面に書いてあるように、ゆで時間も忠実に作りました。

ラーメンの写真

トッピングはネギ・メンマ・たまご・のり。

まずはスープを一口。美味しい!
美味しくて、どんぶりごとスープをごくごく…。

天然とんこつラーメン 一蘭 (ichiran.com)

一蘭のとんこつスープは、100%豚の骨から抽出した天然とんこつスープです。単に豚の骨を煮出しただけでは臭みが出てしまいます。一蘭では、高度な技術を要する特殊製法で、余分なアクを時間をかけて丁寧に取り除いています。そうすることで、とんこつの旨味をそのまま残し、全く臭みのないとんこつスープをつくり出すことができています。
一蘭は、「臭みのないとんこつスープ」の発祥です。スープの味・品質を守るために時間毎に温度管理や濃度管理も徹底して行っております。
出来上がったスープは、濃度、味、香りなどを職人の確かな味覚と、濃度計などの数値も合わせて確認いたします。万が一、どれか一つでも規格外の場合は最初から作り直します。最終的に一杯一杯スープの成分が完全に均一になるよう調整いたします。これだけ多くの管理体制のもと品質管理した天然とんこつスープですので、店舗での調理時にはどんぶりにスープを注いでから30秒以内に麺を入れることを厳守し、スープと麺の品質を保っております。

あっという間に完食です。

お土産用、素人がおうちでただ茹でただけ。
それなのにこの美味しさ、一蘭のこだわりを感じました。

夕飯にラーメン。
こだわりのラーメンとは言え、ちょっと手抜き感が後ろめたかったので、せいろで蒸し野菜をプラスしました。

蒸し野菜の写真

大根・人参・レンコン・ブロッコリー・スナップエンドウ。
特製ソース(チューブのガーリック・味噌・マヨネーズを混ぜただけ)を添えて。

おうちごはんが安心な今日この頃、この機会に他の有名店のお土産用やお取り寄せを色々と試してみたくなりました。

タイトルとURLをコピーしました